大阪 伊藤・園山司法書士事務所のブログ

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

相続について(遺産分割か?相続放棄か?)

2012-06-08
こんにちは。司法書士の園山です。

最近は相続登記のご依頼が多く、あちこちの法務局に相続登記を申請中です。

法務局もかなり忙しそうです。

今日は相続についてお話してみたいと思います。

とりわけ、相続人が複数いる場合で、例えば、各相続人に3分の1ずつといった割合ではなく、特定の相続人が特定の不動産を取得するケースが大半を占めるので、これについてのお話です。

数人の相続人がいて、亡くなった方のある特定の不動産を一人の相続人だけが相続するという話がまとまった場合、その旨を記載した遺産分割協議書というものを作成し、相続人全員に印鑑を押してもらう必要があります。 

不動産を相続しない方が、その不動産について権利を取得しないからといって、特に相続放棄の手続きを取る必要はありません。

相続放棄の手続きをしてしまうと、当該不動産のみならず、借金もその他の預金等の財産も一切相続しないというとになってしまい、後から預金等の他の財産が見つかったとしても、相続放棄をした人は相続人でなくなるため、原則として相続放棄をしていない他の相続人が権利を相続することになってしまいます。

そうすると、その場合、見つかった他の財産を取得するには、裁判所に相続放棄の取消の手続きを行う必要が出てきて、更なるトラブルの元になることがあります。

しかも相続放棄の取消は、要件がかなり厳格でなかなか認められません。

そしてこれが一番重要なのですが、例えば、亡くなった方(例えば夫)の配偶者(妻)に相続させるために、子の全員が相続放棄をするということをしてしまうと子は相続人でなくなってしまうため、相続人は妻と夫の両親、夫の両親がすでに亡くなっている時は、妻と夫の兄弟姉妹となってしまい、両親や兄弟姉妹が相続権を取得できることになり、相続トラブルの原因となることがあります。

決して配偶者単独の相続となるわけではありません。

親孝行で相続放棄したつもりが、相続トラブルに巻き込んでしまうこともあるということです。

~まとめ~

相続放棄は被相続人に多額の借金がない限り特にする必要はありません。

自分の目的にあった手続きを選択することが重要です。


====================
〒530-0047
大阪市北区西天満4丁目7番12号
昭和ビル別館306号
伊藤・園山司法書士事務所
TEL 06-6364-4539

公式ホームページ
お問い合わせ
====================

家族の借金問題について

2012-05-07
 司法書士の園山です。

 今日は家族の一人が多額の借金をして困っているという場合に、家族の方がしてはいけない対応について書きたいと思います。

相談の事例は、家族の一人が借金をし、浪費し困っているという相談です。
(今回のお話は、計画的に借りて返済を続けていたが、失業等何らかの事情で返せなくなった人は含まれません。)
これまで借金を家族が、債務者本人の代わりに払ってきたけれどももう返済ができない。どうしたらよいかと。
多くは子が借金をして、払うのが親です。

結論からいうと、親が子の借金を代わりに払うこと自体が大きな間違いです。

子からすれば、いくら借金してもいつかは親が借金を肩代わりしてくれるので、益々お金を借りたりたくさんの物をローンで買ったりしてしまいます。

貸金業者からすれば、借り入れた本人に支払能力がなくても、代わりに返済してくれる人がいるのでどんどん貸付けようということになります。

浪費癖のある家族の借金を肩代わりすることは、事態を雪だるま式に悪化させることになります。

絶対やってはいけないことです。

ではどうしたらいいのでしょうか?

子の借金は子にケリをつけさせる、つまり放っておけばいいのです。

例え自分の子であったとしても、成人すれば全くの別の個人。
貸金業者は保証人にでもなっていない限り家族に代わりに借金を払えということができません。
 貸金業者が家に来たら「借金をしたのは子。だから子に請求しろ」と説教してやればいいのです。

 子が、親に泣きついて来たときは、親は専門家を紹介するなり、相談に一緒に行く程度でいいと思います。子にお金を貸すのは論外です。

専門家に依頼したら、破産を勧められるかと思います。

しかし、仕事をしてない人はまずは就職させる、ギャンブルで浪費している人はギャンブルをやめさせる、それができない限り、また同じこと繰り返す可能性が高いので、破産させるタイミングはよく考えたほうがいいと思います。

借金癖のある子に財産を残したくない場合。

自分が死んだあと、借金癖のある子に財産を残したくないので、孫など子以外の親族に相続させたいという方も多いと思います。
これは遺言の問題で、ケースバイケースで対応可能ですので気軽に相談してください。

お仕事のご依頼をいただくためには、債務者本人が必ず来所していただく必要がありますが、相談だけなら家族の方でもかまいませんので遠慮なく相談してください。

上記はあくまでも私の個人的見解です。ご了承ください。


====================
〒530-0047
大阪市北区西天満4丁目7番12号
昭和ビル別館306号
伊藤・園山司法書士事務所
TEL 06-6364-4539

公式ホームページ
お問い合わせ
====================

生活保護受給者の借金の問題について

2012-04-19
司法書士の園山です。

今日は、生活保護受給者の借金の問題についてお話したいと思います。

債務整理の仕事をしているとあるのが、生活保護を受給している方からの相談です。
相談内容は「もう借金が苦しくて生活出来ない」という内容です。

生活保護で受給されるお金は、最低限度の生活の保障のために支給されるものなので、借金の返済に充てることはできません。

で、よくよく話を聞いてみるとほとんどの方は生活保護を受ける段階で、役所には借金があることをちゃんと申告しているのです。
 
病気や高齢などで生活保護の受給資格があることが明らかな人たちでした。
だから役所も生活保護受給申請をすぐ通したのだと思います。

ただ、生活保護の受給が決定した際、借金については役所から「自分でなんとかしといて」とか「弁護士か司法書士のところ相談しといて」程度のことしか言われてなかったようです。何も言われていない人もいました。

でも、そんなことを言われただけでは意味がわからないし、行動できる方は少ないですよね。相談の段階で破産という言葉すら知らない人もいました。

結局、それらの方が生活保護を受けたことを貸金業者に伝えても、「払わなくてはいけないものは払わなくてはいけない」「家まで取りに行く」ということを言われるわけです(別に街金とかではなく、裁判を起こしたら過払金を素直に返してくる業者もこんな対応みたいです)。

で、結局いわれるがまま払ってしまうということに。

中には借金を差し引いたら生活費が1万しかなかったという人もいました。

生活保護の受給が開始する段階でもう少しだけ役所のサポートがあれば、これらの人もしなくていい苦労をせずにすんだのにと思います。

生活保護を受給できる方は、そもそも財産も収入もない方なので自己破産手続も進みやすいです。司法書士費用も、国からの援助があります(法テラスと契約している司法書士に限る)。ですので、生活保護を受給している限り費用の負担もありません。

生活保護の受給が開始する段階でちょっと助言してくれる人がいたかいなかったかで、その方の生活が大きく変わってしまいます。
身近な人に同じように苦しんでいる方がいたら、はやく専門家のところに相談に行くように勧めてあげてください。


====================
〒530-0047
大阪市北区西天満4丁目7番12号
昭和ビル別館306号
伊藤・園山司法書士事務所
TEL 06-6364-4539

公式ホームページ
お問い合わせ
====================


事務所の紹介

2012-04-18
今日は簡単に事務所の紹介をしたいと思います。

事務所は大阪市北区にあります。

不動産登記、商業登記、破産・過払い等の債務整理、裁判関係の仕事を3人の司法書士でやっています。

それぞれの案件につき3人で話し合いながら仕事を進めていったりできるのでやはりそこは安心ですね。

具体的な内容は次回から書かせていただきます。


====================
〒530-0047
大阪市北区西天満4丁目7番12号
昭和ビル別館306号
伊藤・園山司法書士事務所
TEL 06-6364-4539

公式ホームページ
お問い合わせ
====================

今日からブログはじめます。

2012-04-11
 はじめまして。

 大阪市に事務所を構えている伊藤・園山司法書士事務所と申します。
 
 今日からブログをはじめたいと思います。

 事務所の紹介や、業務のこと、日々のどうでもいいような話題、自分の思ったことなどを書き込んでいきたいと思います。

 よろしくお願いします。


====================
〒530-0047
大阪市北区西天満4丁目7番12号
昭和ビル別館306号
伊藤・園山司法書士事務所
TEL 06-6364-4539

公式ホームページ
お問い合わせ
====================


<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。