大阪 伊藤・園山司法書士事務所のブログ 2015年09月

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

昔の借金、弁護士から督促が届いた?

2015-09-08

久しぶりの更新です。


今日は、昔の借金の件で、問い合わせの多いケースの一つについて書きたいと思います。


昔の借金についての基本知識はこちら


昔の借金についてのよく相談のあるケースが、弁護士(司法書士)から督促状が届いたが大丈夫なのかという相談です。

昔の借金で時効期間(貸金業者なら最終取引日から5年)が経過していることを知っていても、弁護士(司法書士)名で督促が来たら流石に驚いてしまう人もいるかもしれません。

でも心配はありません。

時効期間が経過した債権を超安値で買い漁っている債権回収会社の債権回収をまとめて受任する代理人弁護士(司法書士)が現実にいます。

そういう弁護士事務所から督促状が来たという人から依頼を受けて当事務所から受任通知を送付した場合、その弁護士事務所がが特別な対応をとってくるわけでもありません。

受任通知の発送直後に、当該弁護士から辞任通知が届くという事もあります。(辞任通知=要はその弁護士はこの仕事辞めますよっていう通知です)

弁護士名で一般の方に督促状を送りまくって、驚いて払ってくれる人がいたらラッキーっていう感覚でしょう。

督促状を送った相手が専門家に相談したことが解ったらすぐに手を引くと。
(督促状に弁護士の名前使っていいよという契約でもしていたのか?と見られても仕方ありませんね)。

当事務所の仕事は普通のサラ金業者が相手の場合と同じで、相手が弁護士であろうが債権回収会社であろうが、時効援用通知を出せば終わりです。(もちろん通知を出す前に相手方と電話でのお話等はします)


昔の借金井ついては、弁護士や司法書士の名前で督促が届いてもご自身では一切対応せず(これが一番重要)、早めに専門家に相談することをお勧めします。


類似のケースでの注意

上記のリンク先の記事でも書いているように最終取引日から5年経てば借金は時効となるのですが、貸金業者は、時効成立を阻止するために5年が経過する直前に裁判を起こしてくる場合もあります。

その場合は、時効は成立しないため債務の弁済の計画を立てるか無理なら自己破産するかする必要が出てきます。


ご不明な点は電話・メール等で遠慮なくご相談ください。

====================
〒530-0047
大阪市北区西天満4丁目7番12号
昭和ビル別館306号
伊藤・園山司法書士事務所
TEL 06-6364-4539

公式ホームページ
お問い合わせ

====================
スポンサーサイト
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。